ご相談事例

生命保険の知識ゼロからでも自分で判断して保険商品を選択するまでに!

(宝塚市 K様)
家計管理生命保険
お客様の問題点は?

独身時代に何も分からずとりあえず加入した生命保険をどうすればいいの?

独身時代に生命保険の商品のことも、そもそもの必要性も何も分からないままに生命保険に加入していたため、いざ結婚をして生命保険を真剣に考えようと思ったが、何から考えてよいのか、誰に相談すればいいのか分からなかったのです。 生命保険の営業担当者に相談しても、その会社の保険商品を売り込まれるのが嫌だったため、困っておられました。

提案したアドバイス

保険の基本的な仕組みからレクチャーして、自ら保険が選べるまで知識のレベルアップ!

まずは、生命保険を選ぶという以前に、そもそもなぜ保険は必要なのか? 必要ならば、自分にとってはどのような保障が必要なのか?そして、生命保険の基本的な仕組みや、定期保険、養老保険、終身保険の3つのタイプの基本的な特徴などから理解するためにマン・ツー・マンのレクチャーを行いました。 そこから応用編として、現在の生命保険商品のトレンドなどをお伝えしながら、ご自身が自分で保険商品を選べるように情報提供をしながらサポートしていきました。

アドバイスの結果

保障はもちろん、掛け金の負担など、将来のことを見据えて自分で保険選びを実現!

まだまだ若くて健康状態も良好のK様でしたので、終身保険、医療保険、がん保険の3つの保険商品を1つ保険会社で完結するのではなく、K様の年齢、健康状態などの諸条件で最も保険料メリットのある商品を選択していきました。その結果、K様は3つの保障をそれぞれ別々の保険会社の商品に加入することで、オーダーメイドの自分オリジナルの生命保険に加入することが実現しました。しかも、ご自身で保険商品を選択して決定していったので、どのような保障に加入しているのかも、完璧に頭に入っておられるご様子でした。

同じお悩みや問題を抱えていらっしゃる方へ

生命保険をゼロからでもスッキリ理解できるようレクチャーいたします!

永島 裕也

今回のように、私たちは生命保険の商品をあれこれ説明する以前に、その方の生命保険に対する理解度や認識具合を見て、ゼロからでもスッキリ理解できるような生命保険の基礎や仕組みからレクチャーいたしております。その上で、現在のトレンドや商品の情報を提供していきますので、実際に自分でどの保険にしたいかを選べるまでにサポートいたします。自分がどんな保険に入っているのかを常に知っていることで本来の保険の目的である安心がより一層活きる事になります。ぜひ私どもの生命保険レクチャーを受けてみてください。